ホーム高知県がん診療連携推進病院緩和ケアチーム

緩和ケアチーム高知県がん診療連携推進病院

緩和ケア

緩和ケアとは
『重い病を抱える患者やその家族一人ひとりの身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア』です。
緩和ケアの目標は、患者様とご家族にとってできる限り望ましい生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を実現することです。緩和ケアはがんの治療が終わってから実施されるものではなく、がんの診断と同時に行うこともできます。例えば、痛みが強かったり、不安の気持ちが強かったりするつらさを緩和しながら治療を受けるお手伝いをします。
 
チームの活動
患者様の入院療養中に生じたいろいろな問題をサポートしていきます。がんの療養中に起こる、からだの症状や精神的あるいは心の問題など医学的治療に加えて、がんの療養全般の問題についても主治医や病棟の看護師と連携してチームとして対応します。

主な活動内容・活動の特色

緩和ケアメンバー

緩和ケアメンバー
*主な緩和ケア担当医師
身体症状担当医師:1名、精神症状担当医師:1名、放射線科医師:1名、
緩和ケア認定看護師:1名、がん看護専門看護師:1名、薬剤師:1名、
医療ソーシャルワーカー:1名、管理栄養士:1名、理学療法士:1名、臨床心理士:1名
以上10名です。
 
対象
入院中のがん患者様
 

体制
患者様やご家族から各病棟の看護師か主治医にご相談いただくこともできます。
緩和ケアチームに連絡が来て、病棟担当者と共にサポート体制をとり緩和ケアを実施していきます。

 

活動内容
・患者様・ご家族に、まずは気がかりなこと、つらい症状などについてお話を伺います。
・痛みやその他の苦痛症状のアセスメントを行います。
・鎮痛剤などの薬剤の調整や緩和的治療について提案を行います。
・食事や移動、ケアの方法などについてアドバイスを行います。
・緩和ケア病棟や在宅療養など、今後の療養場所についての相談に応じます。

その他・特記事項

病気を抱え、ちょっとしたことでも不安に感じたり、悩んだりすることがあれば、話をするだけでも気持ちの整理がつき歩き出す方向性が見えることで元気になれることがあります。外来・入院を問わずご相談をお受けしています。
 

お問い合わせ〒780-8562
高知県高知市秦南町一丁目4番63-11号 高知赤十字病院
担当:緩和ケア認定看護師 永野 江梨子

TEL.088-822-1201(代表)

ページトップへ戻る