ホーム診療科・部門案内リウマチ科

リウマチ科診療科・部門案内一覧へ戻る

当院リウマチ科では、整形外科医1名と膠原病内科医2名によるリウマチ専門医3名の連携診療を行っています。薬物療法、手術療法、理学療法を組み合わせた高度な専門的診療をめざすとともに、合併症を起こしてしまった患者様の急性期治療についても積極的に取り組んでいます。地域の医療機関の先生方との病診連携・病病連携を進めていくことで高知県の医療向上にも貢献していきたいと考えていますので気軽にご紹介ください。

.

検査・治療法の特徴

当院では、患者様の病状や合併症有無などを適切に評価し、「より安全に」、「より効果的に」をモットーに薬物療法、手術療法、理学療法を組み合わせたチーム医療を行っています。抗リウマチ薬、免疫抑制剤、生物学的製剤を組み合わせた薬物療法を行う際には、日本リウマチ学会登録ソノグラファーによる関節超音波検査を日常診療に取り入れ診療の質をより高める努力を続けています。薬物療法で残存する関節炎に対しては外科的に滑膜切除を行うことで関節破壊の防止や薬物の減量をはかるほか、病気が進行し膝関節破壊を来してしまった患者様には、3D立体骨モデルを用いた人工膝関節手術を行っています。事前に作成した患者様の実物大膝関節骨モデルで模擬操作を行うことにより正確で安全な手術が可能となっています。関節の痛みを取り除くだけでなく、病気が進行し破壊されてしまった関節機能を再建することで患者様の日常生活の質の維持を目標としています。

.

医師紹介

内田 理

第二整形外科部長

内田 理うちだ ただし

徳島大学 昭和60年卒業

専門分野関節外科
指導医・専門医・認定医
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ専門医・リウマチ専門医、日本リハビリテーション学会専門医、日本リウマチ学会指導医・専門医
有井 薫

第四内科部長

有井 薫ありい かおる

高知医科大学 平成5年卒業

専門分野糖尿病、リウマチ
指導医・専門医・認定医
日本糖尿病学会研修専門医・指導医、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医
辻 和也

医師

辻 和也つじ かずや

高知大学 平成21年卒業

専門分野糖尿病・腎臓内科・膠原病
指導医・専門医・認定医
日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、TNT研修会終了、ICD

ページトップへ戻る