高知県がん診療連携推進病院

副院長 浜口伸正
日本における死亡原因の第一位は「がん」などの悪性腫瘍であり、現在2人に1人が「がん」にかかり、3人に1人が「がん」で亡くなるといわれており、年々増加傾向にあります。「がん対策基本法」が2007年に施行され、がん診療体制の一層の充実・整備が進められつつあります。
高知赤十字病院は、国が指定するがん診療連携拠点病院に準ずる地域のがん診療の中核病院として、高知県からがん診療連携推進病院として指定を受けています。がん診療の体制を更に充実させ、患者さん1人ひとりに最先端の情報と高度の医療が提供できるよう努めています。
当院では各種のがんに対し、それぞれの専門医が標準的な診療を行うとともに、必要時には手術治療、放射線治療、薬物療法を効果的に組み合わせた「集学的治療」を行っています。
また、がん診療の早期から、各職種からなる「緩和ケアチーム」が、痛みや気持ちのつらさ、不安を緩和しながら治療を受けるお手伝いをします。その他、がん医療相談員が、がんに関するさまざまなご相談をお受けする「がん相談支援センター」や、がん患者さんやそのご家族が悩みや不安、体験、生活上の工夫などを安心して語り合っていただくための場所として、がん患者サロン「にっせきサロンとさみずき」を開いています。
今後は診療所等、他の医療機関や福祉・行政機関等と連携を取りながら地域のがん医療に貢献して参ります。

院長 浜口 伸正

当院のがん医療